モノレブ ミニカー サイトの裏口
トミカ チョロQ ダイヤペット など ミニカー がいっぱい!モノレブ
プロフィール

モノレブ

Author:モノレブ
絶版ミニカーを中心に通信販売しております、モノレブです。


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


最近の記事


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


モノレブのブログQRコード

QR


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


本日の追加品は~ 2017.8.12 フォード コンチネンタル マークIV(トミカF4-1、1Eホイール)
フォード コンチネンタル マークIV(トミカF4-1、1Eホイール)
↑フォード コンチネンタル マークIV(トミカF4-1、1Eホイール)

 画像はトミカF4-1 フォード コンチネンタル マークIVで、初期販売品の1Eホイール車です。外車シリーズが登場した1976年4月は1Hホイールとの入れ替え時期で、おそらく先行して生産した分(シルバー、そしてこの2トーンカラー)に1Eホイールが使用されたものと推察します。発売時は1E、1H同時で、私が見かけたものはすべて1Hホイールのクルマでした。もしかすると本当に少量だけ生産されたのかもしれません。

 外車シリーズで1Eホイールの付いたものは他にウィネバゴ モーターホーム(F1-1)、ダッジ コロネット カスタム(F8-1 ポリスカー、F9-1 ノーマル、F10-1 ファイヤーチーフ、F18-1 タクシー)があります。

 次は何が出て来るのか・・・? お盆休みもモノレブでお楽しみください。

 2017年8月12日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。

 ●トミカ赤白箱・・・2種
 ●トミカ赤白箱・・・1種(画像のクルマです)
 ●トミカ黒黄箱・・・1種
 ●トミカセットばら・・・1種
 ●ダイヤペット・・・1種
 ●京商系1/43ミニカー・・・3種
 ●日本車1/43ミニカー・・・1種

 ※ブログ掲載商品は売切れている場合がございます。詳細は絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトにてご確認ください。
 
 絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日の追加品は~ 2017.8.11 トナミ運輸 旧カラー 三菱ふそうファイター (シンセイ 宅配便シリーズ 1/60)
トナミ運輸 旧カラー 三菱ふそう ファイター(シンセイ 宅配便シリーズ1/60)
↑トナミ運輸 旧カラー 三菱ふそう ファイター(シンセイ 宅配便シリーズ1/60)

 画像はシンセイのミニカーで、宅配便シリーズのトナミ運輸です。クルマは三菱ふそうFKのキャブのドア金型を初代ファイター風に変更し、グリルを角型ヘッドランプのものに新造しています。FUSOのシールがグリルに貼っていあるので85年頃の製品と思われます。88年頃のグリルは横桟タイプのシールになっています(三菱シール省略)。

 よく知られているクロネコヤマトの宅急便が1976年から始まり(三八五貨物が1973年にグリーン宅配便を開始したのが民間宅配便の最初のようです)、その後1978年頃から宅配便に参入した運送会社各社もシンボルマークとして動物キャラクターを導入しました。

 ミニカーに話を戻します。現在はパンサー宅配便でおなじみのトナミ運輸ですが、このカラーリングはシンボルマーク導入前の旧カラーです。で、いろいろ駆使して実車画像を探したのですが、ん~、見つけられませんでした。古い絵本とかで探してみますかね?

 2017年8月11日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。

 ●トミカ青白箱・・・1種
 ●トミカ黒黄箱・・・1種
 ●トミカセットばら・・・3種
 ●モータートミカ、キャラトミカ等・・・1種
 ●アオシマDISM1/43ミニカー・・・1種
 ●エムテック1/43ミニカー・・・1種
 ●日本車1/43以下ミニカー・・・2種(画像はこのうちの1台)

 ※ブログ掲載商品は売切れている場合がございます。詳細は絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトにてご確認ください。
 
 絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日の追加品は~ 2017.8.6 実車のマイナーチェンジを追え! ダイヤペットのR30スカイライン
日産 スカイライン RSターボ(KDR30、ダイヤペットG-35)
↑日産 スカイライン RSターボ(KDR30、ダイヤペットG-35)

 画像はダイヤペットG-35 日産 スカイライン RSターボ(KDR30)です。ターボRSでも1983年8月のマイナーチェンジ車をモデル化しています。前期顔(RSの横桟グリル)のターボRSは半年ほどで化粧直しされたことになりますね。今からすると、モデルライフが4年というのはとても短く感じられます。

 1981年8月モデルチェンジ時、2000ターボ(6気筒L20エンジン+ターボ、150ps)がトップグレードだったのが、2カ月遅れでRS(DOHC 4気筒FJ20エンジン、150ps)を追加。1983年2月にターボRS(FJ20ターボ、190ps)、マイナーチェンジ後1984年2月にはターボRSにインタークーラーを装備したターボC(205ps)を追加。もう過熱状態です。

 ダイヤペットのR30も、裏板はそのままに各部パーツを手直しして実車に倣って新バージョンを繰り出してきました。

 2017年8月6日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。

 ●トミカ黒黄箱・・・5種
 ●ダイヤペット・・・1種(画像のクルマです)
 ●京商系・・・4種
 
 ※ブログ掲載商品は売切れている場合がございます。詳細は絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトにてご確認ください。
 
 絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク