モノレブ ミニカー サイトの裏口
トミカ チョロQ ダイヤペット など ミニカー がいっぱい!モノレブ
プロフィール

モノレブ

Author:モノレブ
絶版ミニカーを中心に通信販売しております、モノレブです。


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


最近の記事


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


モノレブのブログQRコード

QR


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


本日の追加品は~3月30日 2トントラックの勢力図
三菱キャンター(トミカ29-3 イベント販売品)←三菱キャンター(トミカ29-3 イベント販売品)
 
 トミカにはエルフ、キャンター、ダイナと、3系統揃っています。
日本の2~3トンキャブオーバータイプのトラックは激戦区です。エルフを筆頭とするいすゞ系(エルフ、アトラス、コンドル、タイタン)とトヨタ系(トヨエース/ダイナ、デュトロ)、そして孤軍奮闘の三菱キャンターの三つ巴の戦いです。いすゞ系が圧倒的で、次いで三菱、そしてトヨタ系と続くのですが、トヨタ系はじわじわと攻めてきている状況です。

 かつてトヨタ系にデルタ(ダイハツ)がありましたが、2002年で国内販売を終了しています。タイタンは3代目モデルから一部車種のエンジンがいすゞ製になり、4代目に至っては途中からいすゞエルフのOEM車に変更されました。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・2種
 ●トミカ赤白箱・・・2種
 ●トミカ青白箱・・・4種
 ●トミカ特殊品・・・4種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカくじ・・・1種
 ●トミカばら・・・9種
 ●エブロ・・・1種
 
  OEM車が増えたのは、経営資源の集中や量産効果など、各社の思惑がもたらした結果です。流れは「得意分野は自前(もちろん他社にも完成車供給)、その他の部分は外注(販売するために自社バッジをつけた他社の車を作ってもらう)」といった具合で進んでいます。トラック以外に軽自動車やバンなども、こうしたOEM車が多数存在します。同じような車が増えたというよりも、同じクルマが増えたんです。残念ながらOEM車の個性はほとんど無いものばかりです。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~3月28日 うむむ、これは・・・
シボレー・コルベット・スティングレィ(トミカF21-1)←シボレー・コルベット・スティングレィ(トミカF21-1)
 
 輸出版トミカは結構傷が多いですね。中にはゴミが入っていたりもします。なにせ、トミカだけを輸出して、現地でパッキングしていたので、落としてみたり、ゴミが混ざったりしたというわけです。品質云々はあまり関係ないのが見て取れて、トミカなどおもちゃの地位というものがなんとなく感じられます。1986年版の最終POCKETCARSたちは、日本でパックしたものをそのまま輸出しています。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・5種
 ●トミカ赤白箱・・・9種
 ●トミカ青白箱・・・5種
 ●トミカ特殊品・・・5種
 ●トミカリミテッド・・・1種
 ●トミカくじ・・・1種
 ●トミカばら・・・3種
 ●Bトミカ・・・2種(画像はこのうちの1台)
 ●京商Jコレクション・・・1種
 
  このコルベットなんかは、パックがつぶれていないのに車軸が曲がっています。トミカの車軸が曲がるというのは、瞬間的に大きな力が加わった時くらいのものです(踏んづけるとか、落としたときの落ちどころが悪い場合)。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~3月24日 小さいけれど・・・
オートザムAZ-1(ホットワークス1/43)←オートザムAZ-1(ホットワークス1/43)
 
 近所のガレージに、この赤いAZ-1(だと思う)が収まっています。たまに無かったりするので、元気に走り回っているようです。小さいけれど、つくりは凝っているクルマです。幅と長さがもう少しあると、文句の付け所が無かったと思います。しかし、すごいですねえ。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・4種
 ●トミカ赤白箱・・・4種
 ●トミカ青白箱・・・3種
 ●トミカ特殊品・・・3種
 ●チョロQ・・・8種
 ●日本ブランド・・・2種(画像はこのうちの1台)
 ●コナミ1/64・・・9種
 
  ガルウィング・ドアはスーパーカーくらいだと思っていたし、しかもミッドシップで軽サイズに詰め込めるだけ詰め込んだ(その他の構造も大変凝っている)、そんな夢みたいなクルマをまさか日本のメーカーが量産車でやっちゃうとは、当時とても驚いたものです。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~3月23日 癒し系ミニカー
コマー・ボトルフロート(レズニーマッチボックス、21C)←コマー・ボトルフロート(レズニーマッチボックス、21C)
 
 ミニカーで癒される、広くいえば趣味のことで心が和むというのがあります。コレクションでストレスとなるのは「集めなければいけない(コレはもしかすると楽しくないかも)」とか、「欲しい~、手に入れたい!(コレは抑えるのが大変)」と思う気持ち、「財布の中身と睨めっこ(お小遣いの範囲で)」や、「家族などからの対外的風当たり(理解してもらうか、あきれてもらうか)」などで、癒しとは言えない部分です。そういう障害(もしかすると修行)も趣味の楽しみの一つであると認識できるようなら、充実度はかなり高いと思います。やっとの思いで手に入れた時の気持ちは、大なり小なり、達成感というか、なんかスッキリした気持ちになります(私の場合)。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・4種
 ●トミカ赤白箱・・・9種
 ●トミカ特殊品・・・3種
 ●チョロQ・・・7種
 ●日本ブランド・・・1種
 ●レズニーマッチボックス・・・2種
 
  子供の頃に遊んだミニカーの1台と同じクルマがこのレズニーマッチボックスの牛乳配達車です。このほのぼの感は何とも言えませんね~。当時のお気に入りで、いつもお出かけ用バスケットに入れていました。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~3月22日 今日の迷い
テレックス72-81ローダー(トミカF58-2)←テレックス72-81ローダー(トミカF58-2)
 
 トミカと睨めっこをして、資料と付け合せしているうちに「おや?」と思うトミカに出くわすことがあります。今日更新分のテレックスローダー、裏板がF38なんです。カラーなどの仕様はF58のものですが、はて、どうしたものやら。裏板F58の同仕様の車が出てくれば、未掲載バリエーションとなります。そのクルマに巡り会うことが出来るのか、長い戦いになりそうです。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・11種
 ●トミカ赤白箱・・・5種
 ●トミカ青白箱・・・6種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカ特殊品・・・2種
 ●トミカリミテッドビンテージ・・・4種
 ●ダイヤペット・・・1種
 ●京商1/43・・・3種
 
 前に見た不思議なS130Zのトミカ、やっぱり手に入れておけばよかったと後悔しきりです。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~3月17日 昨日の続き
三菱ふそうLPGローリー(トミカ91-1)←三菱ふそうLPGローリー(トミカ91-1)
 
 昨日はキングスターのふそうが出たので、今日はトミカのふそうLPGローリー(T911NC)を載せてみました。ガソリンなどの石油類と違い、液体ガス輸送用のタンクは内圧が均等にかかるように円筒状になっており、高圧に耐えられるように作られています。劣化や事故防止のために定期点検が義務付けられています(タンク製造後5年ごと、製造後20年経過のものは2年ごと)。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・8種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカ赤白箱・・・2種
 ●トミカ特殊品1・・・2種
 ●トミカリミテッド・・・1種
 ●Bトミカ・・・2種
 ●京商1/43・・・3種
 ●エブロ・・・1種
 
 このローリー車関連のことを調べてみたら、奥が深い~。勉強になりました。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~3月16日 海外製なんですけど
三菱ふそうタンクローリーFU113N(キングスター、94mm)←三菱ふそうタンクローリーFU113N(キングスター、94mm)
 
 1976年のTBS系で放送された「火曜日のあいつ」(火曜夜8時放送、小野寺昭、石橋正次、由美かおる、鈴木ヒロミツ出演)のドラマに登場するトラックはこのタイプのキャブでした。クルマ好きだった私はドラマの内容はともかく、トラックが頻繁に出てくるドラマということで、ほぼ毎回欠かさず見ていました。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・4種
 ●トミカ赤白箱・・・2種
 ●トミカ青白箱・・・11種
 ●Bトミカ・・・13種
 ●海外メーカー日本車・・・5種(画像はこのうちの1台)
 
 トラックはエンジンやフレーム長さ、駆動方式、ボディ型式などの組み合わせで型式番号が決まっています。調べれば調べるほど「???」というものもあったりで、苦戦しています。

 そっかあ、あのドラマから30年以上も経過したのかぁ・・・。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~3月13日 ロータリーファンになった訳
マツダ・コスモLリミテッド(CD23C、トミカ38-3)←マツダ・コスモLリミテッド(CD23C、トミカ38-3)
 
 高校3年の夏、すでに免許を取った友人おり、その父親が好きで買ったクルマがコスモLリミテッド(すでに中古)でした。後期型の異型ランプ仕様、色は茶色、REマチックなので13Bエンジン。その滑らかな加速がとても印象的でした。燃費は聞いちゃいけないほど悪かったようですが、コレがロータリー車なのかぁ、と感動しました。後に先輩の乗るサバンナGTでさらにシビレちゃうのですが、始まりはこんな感じでした。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・2種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカ赤白箱・・・14種
 ●トミカ青白箱・・・4種
 ●トミカセットばら・・・3種
 ●チョロQ・・・6種
 ●エブロ・・・3種
 ●1/64ダイドー・・・1種

 あのコスモL、フル乗車(5名)でもかなり軟らかい乗り心地で、フワーッと浮いているような気持ちになったものです。今乗れば、そうは感じないことでしょう。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~3月10日 京急といえば・・・
京浜急行バス(トミカ79-2、赤帯シール欠品)←京浜急行バス(トミカ79-2、赤帯シール欠品)

 年に数回、京浜急行に乗ることがあり、その駅前には大体このバスが留まっています。京急の電車で記憶に残るのは、「ぴ~ろりろりろり~」と発進時に面白い音がする電車です。初めて聞いたときは思わず「おおお~!」と感動しました。何でも、シーメンスのVVVFインバーター制御装置から出る音とかだそうで、ドレミファ~とは若干違いますが、走ります~、止まります~、といっている様で悪くないですね。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・5種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカ赤白箱・・・8種
 ●トミカセットばら・・・3種

 ん~、やっぱりバスの話は出来ませんでした。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~3月8日 こういうのを待っていました
ダットサン280Z(1979年KIDCO、トミカサイズ)←ダットサン280Z(1979年KIDCO、トミカサイズ)

 米国輸出仕様車といえば、見た目の一番の違いはハンドルの位置といったところですね。しかし70年代のモデルで言えば、リヤサイドマーカーランプやレンズ類の色の違い、それになんと言ってもあの厳つい「5マイルバンパー」です。まだウレタンバンパーなどの出る前は金属製のバンパーのステー部にダンパーを備えたものが主流でした。70年代のブサイクなDATSUNたちを演出したのはコレ、コレですよ。好きなんですね、こういうのが。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・11種
 ●トミカ青白箱・・・12種
 ●トミカ赤白箱・・・1種
 ●トミカセットばら・・・2種
 ●トミカリミテッドヴィンテージ・・・1種
 ●エブロ・・・4種
 ●日本ブランド・・・1種
 ●海外ブランド日本車・・・2種(画像はこのうちの1台)
 ●海外ブランド・・・1種

  同時期のトヨタ車にもありましたね。マークII(米国名クレシーダ)、コロナ、セリカ、カローラやスプリンター、その仲間のレビン/トレノなど、日本国内仕様の上級モデルに設定されていました。記憶されている方も多いことと思います。いずれも対米モデルがある車ばかりです。
 80系クラウンに設定がなかったのは、5ナンバーサイズを超えてしまう為であり、もう一因としては米国仕様がなかったことも関係がありそうです。この辺り、安全対策の温度差が見て取れます。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~3月2日 ご注文増、有難うございます
トヨタ・ハイエース宅配便(トミカ3-4)←トヨタ・ハイエース宅配便(トミカ3-4)
 
 ヤマト宅急便を導入して1年以上が経過しました昨年の今頃は、月間20個以下の利用でしたが、本年2月は130個弱まで増えました。総発送量も増加、多数のご利用有難うございます。

10500円以上のお買い物で送料をサービス(代引きの方は代引き料もサービス)しており、ご利用の方からご好評を得ております。また次のお買い物代金の一部としてご利用いただけるポイントシステムも是非登録してポイントゲットしてください。損にはなりませんです。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ赤白箱・・・5種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカくじ1~4・・・6種
 ●トミカセットばら・・・4種
 ●トミカ特殊品1・・・2種
 ●トミカリミテッド・・・2種
 ●トミカギフトセット・・・1種
 ●Bトミカ・・・6種
 ●チョロQ・・・11種
 ●1/64ミニカー(ダイドー)・・・3種

 たくさん更新し、出来れば毎日、新掲載商品があるようにしていきたいです。 

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~3月1日 韋駄天たち
ダイハツ・ミラターボTR-XX(ダイヤペットG-3)←ダイハツ・ミラターボTR-XX(ダイヤペットG-3)
 
 1976年の軽自動車規格改定から3年後の1979年、47万円で発売されたスズキのアルトが火付け役となり、軽自動車ブームが再燃しました。更に1983年辺りからパワー競争が始まり、ターボ付きモデルが発売されるや、各社新モデルにはターボ仕様がラインナップされました。軽い車体にハイパワーエンジンの組み合わせは、コーナーの連続する道などでは普通登録のGTカーたちを脅かす存在となりました。結局自主規制というカタチでカタログ表示64psに落ち着きましたが、もし規制をしなかったら・・・どうなっていたでしょう?!今日掲載のミラターボは87年頃のモデルで、まさにパワーウォーズ時代の主役の1台です。ライバルはスズキ・アルトワークスですね。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・12種
 ●トミカ赤白箱・・・4種
 ●トミカ青白箱・・・17種
 ●トミカ特殊品1・・・2種
 ●ダイヤペット・・・3種(画像はこのうちの1台)
 ●海外ブランド・・・1種

 私の乗っていたコスモAPよりも早かったもんねえ、白いミラターボは・・・・(遠い目)。 

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!