モノレブ ミニカー サイトの裏口
トミカ チョロQ ダイヤペット など ミニカー がいっぱい!モノレブ
プロフィール

モノレブ

Author:モノレブ
絶版ミニカーを中心に通信販売しております、モノレブです。


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


最近の記事


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


モノレブのブログQRコード

QR


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


本日の追加品は~6月26日 ヘッドランプの褪色
スバル360(トミカ21-4、人気ベストセレクションセット)←スバル360(トミカ21-4、人気ベストセレクションセット)
 
 クルマのヘッドランプのカバー、素材はなんだか知っていますか?ガラスで出来ている?いえ、違います。あのカーブしたカタチや複雑な形をした表面の部材はプラスチック(ポリカーボネート樹種)です。

 異型ヘッドランプ全盛になる前までは規格品の丸いヘッドランプが主流で、ヘッドライトの透明部分はガラスで出来ていました。またニッサン・スタンザ(GPA10)や230/330セドリックのハードトップモデル用などの異型ランプもまだガラス製でした(当時でも非常に高価なヘッドランプでした。交換は球部分ではなくユニットごと交換です)。やがて角型ヘッドランプ(米国SAE規格)が流行、その後ボディ・デザインとの一体化や均一の面構成を得るため、異型ランプが主流となりました。軽量化やメンテナンスなども容易に、リサイクルも考えられて作られています(実際には数種のプラスチックが組み合わされており、ピュアな素材の取り出しは難しいかも)。

そのプラスチックカバーのヘッドランプ、4~5年程経過したと思われる車のを良く見てみると、なんとなく黄ばんで(黄変)きています。表面の艶もやや落ちている車もあり、さらには艶が無くなってしまったものまであります。紫外線や酸性雨などの影響をもろに受けている部分であるため、致し方ないのではありますが、かなりの数の車輌に見受けられます。そういう部分だけ見ても、クルマの耐久性ってどのくらいなのかな、などとふと考えてしまうのでした。手入れしてれば問題ない?それは言えてます。
  
  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカセットばら・・・15種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカセット・・・1種
 ●トミカリミテッド・・・1種
 ●チョロQ・・・4種
 ●京商・・・7種
 ●その他・・・1種
  
 モノレブ販売サイトの「トミカセット空き箱」の名称を、「トミカ空き箱、用品」に改めました。是非ご利用ください。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~6月21日 暑いんです~
シェビーバン(チョロQ、A-90)シェビーバン(チョロQ、A-90)
 
 東京はすでに暑い日々が続いております。私はどちらかといえば暑さに弱いので、汗だくの毎日です。部屋はこまめにドライ運転でエアコンを使っています。

 私のいる部屋は熱がこもりがちなため、先月は頻繁にPCが停止して大変慌てました。配置換えをしてみたところ、どうやらディスプレーとPCの間に熱がこもるのが原因だったようで、現在は止まらず快調に作動してくれています。
  
  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・5種
 ●トミカ赤白箱・・・3種
 ●トミカセットばら・・・2種
 ●トミカ特殊品・・・1種
 ●トミカリミテッド・・・1種
 ●トミカリミテッドビンテージ・・・2種
 ●チョロQ・・・3種(画像はこのうちの1台)
 ●エブロ・・・2種
 ●日本ブランド・・・1種
 ●海外ブランド・・・2種
  
 暑いので、ホントに外に出たくないなぁ、と思うことしばし。しかし外出しないわけにも行かず、「えい、やー!」と気持ちに掛け声をかけて飛び出しております。この夏は夏痩せしそうな予感です。。。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~6月18日 ベンツといえば・・・
メルセデス・ベンツ560SEL(ダイヤペットSV-04)←メルセデス・ベンツ560SEL(ダイヤペットSV-04)
 
 子供の頃のベンツといえば「ハネベン」でしたが、社会人になってからのベンツは、なんと言っても126系のベンツです。特に500/560SELはカッコいいです。まあ、乗っている人は結構強面の人たちが多かったような・・・。

 ボンネットが短く見えるんですが、それはフェンダーラインだけを取るとそういえます。しかしかなり絞り込んだ形状なので、実際はグリル部からだと結構鼻が長いんです。今見てもこのカタチはなかなかすごいな、と私は思います。ここ最近は走っている実車がかなり減りましたが、たまに見かけると「なんだかなつかしいねえ」と。それだけ時間が立った証でもあります。

 このバブルの頃のベンツは、つくりも品質も最高のものばかりだったようで、過剰品質とでもいえるような出来といわれています。しかし、コスト低減も始めていて、124系のEクラスなんかでも、エンジンのベルト部品だったかな、年式が新しくなるほどに細くなっている、なんて話を聞いたことがあります。それでも、頑丈な機械、壊れたら直す、そしていいものは長く使えるという雰囲気が漂っていました。
 
  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・2種
 ●トミカ赤白箱・・・5種
 ●トミカ青白箱・・・7種
 ●トミカセットばら・・・4種
 ●トミカ特殊品・・・2種
 ●トミカリミテッド・・・1種
 ●トミカくじ・・・3種
 ●ダイヤペット・・・2種(画像はこのうちの1台)
 ●チョロQ・・・3種
 ●海外ブランド日本車・・・2種
  
 個人的にベンツに乗るなら、ポルシェが生産した初期の124系500Eを選びます。あまり大きくないし、ハコ車のハイパフォーマンス・カーであり、ポルシェが一時期造っていたんだ、という背景が気に入っています。で、実際買える様になったとしたら・・・買わないだろうなあ。故障のオンパレードだと困るし・・・。

 で、今気になるのはレクサスIS-Fです。なんだ、新物好きじゃないの!ってそこで突っ込んでくる人!「はい、そのとおり(児玉さん風に)」。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~6月13日 最初のデザイン
1965日産セドリック・カスタム6(P130型、ダイヤペット145)←1965日産セドリック・カスタム6(P130型、ダイヤペット145)
 
 1965年、30系からモデルチェンジして登場したのが130系セドリックです。この頃、日本の各メーカーはどちらかといえばヨーロッパ寄りのデザインが多く、しかも海外からの新しいデザインの導入に熱心でした。

 130セドリックはピニンファリーナのデザインを採用しています。それよりも先にデビューした、イタリアンな410ブルーバードは、お尻の下がった感じに見えるデザインが販売の足を引っ張ったといわれています。ほとんどの国産車とシルエット的にはそんなに変わらないのですが、サイドのプレスラインのおかげで余計に下がったように見えるため、66年型では若干修正されています。

 さて、130セドリックも410ブルーバードと同じマイナーチェンジを繰り返されることになります。やはりボディ後部を中心に、より直線的に見えるように修正がなされました。特に1967年登場の50系クラウンにかなりの影響を受けたと見られ、68年にはフルモデルチェンジではないかと思えるほどのビッグマイナーチェンジをしています。つい先ごろTLビンテージで発売になった130セドリックがそれです。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ黒黄箱・・・1種
 ●トミカ青白箱・・・1種
 ●トミカセットばら・・・12種
 ●トミカくじ・・・1種
 ●ダイヤペット・・・2種(画像はこのうちの1台)
 ●エブロ・・・4種
  
 クルマのデザインに限って言えば、一番ピュアな存在は新型車の最初のモデルです。後にマイナーチェンジと称して修正されるモデルは、マーケットの要求・販売面での対策による蛇足といえます(そのマイナーチェンジしたモデルがカッコ良かったりすることもありますね)。登場してから次のモデルにバトンタッチされるまで、見た目の変更が殆ど無く、内容が改良されていくモデルは稀有な存在です。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~6月12日 山形交通のバス
ニシキ154山形交通路線バス←ニシキ154山形交通路線バス
 
 今日はニシキのダイカスケールバスをたくさん追加いたしました。その中に山形交通のバスがあり、なんだか懐かしくなってしまいました。
 
 高校生の私は、友人たちからスキーの特訓を受けるために蔵王へ行くことに。東京駅八重洲口から東北急行バスに乗って山形へ向かいます(そのバスは、当時日暮里を通過していたような・・・気のせいかな)。初めて乗る夜行バスの車内ではなかなか寝付けず、それでも夜は更けていくのでした。

 早朝に山形駅に到着、バスを乗り継ぎ蔵王スキー場へ。バスには座席を一部無しにして、スキー板を置くためのスペースが設けてあり、否応無しに気分を盛り上げてくれました。宿へ到着後すぐに荷物を降ろして準備。とにかく滑ろうということで友人に何とかくっついて滑りました。そりゃあもうおっかなびっくりの状態(汗)。日が暮れるまで宿に戻らなかったので、くたくたになりました。その夜、部屋で鬼教官たち(同級生のスキーのうまい連中)に囲まれ、畳の上に座布団を置いて、その上にスキーブーツを履きストックを持って立たされ、すべるときのポーズやら、ひざの入れ方などをみっちり叩き込まれました。翌朝はリフトが動く前にゲレンデでスキーを履いて上る練習をしたり、とにかくスキー初心者が少し滑れる程度だった私は、泣きそうになりながらも指導に従い練習しました。

 スパルタ教育の成果もあり、合宿(だよな、そうだったよな、うん)が終わる頃には、ほどほどに滑れるようになりました。スキーを楽しむどころではなかった頃の話です。

 帰る日の夜のこと。日が暮れた夜の山形駅前で、商店の半額になったハンバーガーを4個ばかり買い込み、それをかじりながらバスを見るともなく眺めていました。何台も目で追ううちに、オヤッ?見慣れないエンブレムの付いたバスがたくさん走っていることに気がつきました。それはなんと、私が住んでいたところでは見たことのない、トヨタの路線バスでした。ボンネットタイプは知っていましたが、路線バスがあるとは!と一人で感動していたものです。それが山形交通のバスだったのです。このニシキのミニカーと同じカラーリングで。

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ赤白箱・・・10種
 ●日本ブランド・・・28種
  
 そんなささやかな感動はともかく、この後も友人たちは、私に難易度の高い志賀高原へ行こう、と誘うのでした。もちろん行きましたが、同じような特訓が朝から晩まで繰り広げられたのは、言うまでもありません。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~6月8日 ETCゲート通過時のこと
ポルシェ930ターボ(コミックトミカVol.3サーキットの狼セット初版)←ポルシェ930ターボ(コミックトミカVol.3サーキットの狼セット初版)
 
 時間を節約するのと便利さで、高速道路を良く利用します。私の旧いクルマに昨年ETCを取り付けてからというもの、夜間割引などがあるため利用回数が増えました。
 
 で、毎回ドキドキするのは、料金所ゲートを通過するときです。
 「もしかして、(あのバーは)開かないんじゃないか!?」
そう思ってしまいます。なんだか壁とか岸壁の端に向けて車を走らせ、ギリギリまでブレーキを踏まないチキンレースな気分であり、いつでも踏めるようにブレーキペダルに足を乗せています。

 前を走るクルマや隣のゲートを通過するクルマは、おそらく50km/h程度で進入している感じで、私にはそんな勇気はありません。そこで思いっきり減速してゆっくり通過するのですが、なんとなく後続のクルマに申し訳ないような気持ちになります(なんでかなあ・・・)。

 ゲートを強行突破する車や、前走車の後にぴったりくっついて料金を踏み倒す輩もいるとかで、ニュースになっていたりします。そういったことの対策として、あのゲートのバーがもっと大きくなるようだと、私の恐怖心が増大するのは必至です。ますますスピードを落として通過だな、こりゃ。 

  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカ赤白箱・・・3種
 ●トミカセットばら・・・10種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカ特殊品・・・4種
 ●トミカリミテッド・・・2種
 ●チョロQ・・・6種
 ●コナミ1/64・・・1種
 ●京商・・・1種
  
 運転するにあたって、視力の低下も心配な今日この頃です。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~6月4日 80年代の低燃費車
ホンダCR-X(ミニチャンプス1/43)←1989ホンダCR-X(ミニチャンプス1/43)
 
 1980年代のEPA(アメリカ環境保護局)の低燃費車ランキングの常連は、シビックCRX(バラード・スポーツCR-X)やシボレー・スプリント(スズキ・カルタスのGM向け仕様)、日産セントラ(サニー)などで、そのほかもほとんど日本車が名を連ねていました。2代目CRXもシビックとともに燃費効率のいい車として君臨していました。シビックはすでに現地生産されていましたので、CRXは日本から輸出していました。

 2代目CRXはリヤハッチがほとんどガラスで出来たようなエクストラ・ウィンドウを装備していました。デザインもさることながら、後方視界確保にも一役買っていました。しかし、このリヤハッチはアメリカの消費者テストで、車体後方をぶつけた場合の修理費の比較で、一番出費の掛かる車として取り上げられていました(おそらくコンパクトカー部門でだと思いますが)。日本だとこういう内容は、車をぶつけて修理するまではほとんどわからないものですが、アメリカではテスト方法も含めて公開されています。オープンですね。
 
  本日の追加、補充は以下のとおりです。
 ●トミカセットばら・・・6種
 ●ダイヤペット・・・3種
 ●チョロQ・・・4種
 ●コナミ1/64・・・5種
 ●京商・・・4種
 ●日本ブランド・・・2種
 ●海外ブランド日本車・・・2種(画像はこのうちの1台)
 ●海外ブランド・・・1種
  
 かつての低燃費ランキングにいたCRXに代わり、現在はシビック・ハイブリッドやフィットがベスト10に入っています。昔は明らかに小さいクルマが低燃費の代表だったのですが、現在はやや大きいカムリ・ハイブリッドやフォード・エスケープ(トヨタのハイブリッド・システムを使用)などハイブリッド車が上位に名を連ねているのを見ると、時代は変化してるんだな、と思わずにはいられません。ちなみに2007年型車EPA低燃費テストの1位はプリウス(市街地走行で約21.4km/ℓ)です。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!