モノレブ ミニカー サイトの裏口
トミカ チョロQ ダイヤペット など ミニカー がいっぱい!モノレブ
プロフィール

モノレブ

Author:モノレブ
絶版ミニカーを中心に通信販売しております、モノレブです。


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


最近の記事


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


モノレブのブログQRコード

QR


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


本日の追加品は~ 2011.2.27 トミカセット品のタンポズレ発見!
マツダ・サバンナRX-7(FC3S、トミカ50-4、G-279)←マツダ・サバンナRX-7(FC3S、トミカ50-4、G-279)

 画像はトミカ50-4マツダ・サバンナRX-7です。トミカ徹底大カタログ(ケイブンシャ刊2001年度版)に掲載の50-4-30該当品で、このクルマは1995年発売のキャリアカーセットNo.2(H)G-279の内の1台です。

 おや?気がついた方は鋭い。よく見るとドアの文字タンポの位置が前側にずれています。左右のタンポ印刷設定を逆にしてしまうとこうなります。通常品にもこうした逆タンポのものがあり、このRX-7以外に41-4はとバスでも同様にあります。ちなみにこのRX-7は私の持っているどのバリエーションリストにも掲載がありません。最新のバリエーションブックか何か刊行されないかなあ・・・。

 シールの逆貼りというのもそうですが、やはり各工程を人手でやっている限り、こうした手違いというか、バリエーション発生がメーカーの意図とは無関係のうちに発生しているものもあるということですね。なかなか楽しませてくれるじゃないですか~!

 本日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。
 
 ●トミカ赤白箱・・・7種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカ青白箱・・・2種
 ●トミカ黒黄箱・・・9種
 ●トミカ特殊品・・・2種
     
 ついに花粉症、やってきました。おとといくらいからクシャミが出ると10連発くらい続いてしまいます。後は鼻がムズムズすることがちょっとあるくらいで、今のところ軽症です。昨年よりも2週間くらい遅いかな。このまま何もなければラクチンなのですが果たしてどうなることやら。ご同輩、お大事に。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~ 2011.2.22 デザインが決め手なんだろうね~
トヨタ・ウィル・サイファ(トミカ88-3、大阪モーターショー3)←トヨタ・ウィル・サイファ(トミカ88-3、大阪モーターショー3)

 画像はトミカ88-3トヨタ・ウィル・サイファで、2003年開催の第3回大阪モーターショー会場販売品です。こうしてミニカーになると、更に漫画チックな風合いになりますね。ポケモンのポッチャマに似てる?!

 こんな変わったデザインのクルマはこれから出てくるのかな?部品の共通化が進む中で、ボディデザインを変えてたくさん販売するのも大変な時代になったものです。1度のリコールでたくさんのクルマが該当車種になる可能性が高くなり、それも国内だけではなく海外にも影響が及ぶ様になったのは最近のことではありません。でも規模は間違いなく大きくなりました。

 故障しない、安心して乗れるクルマを造ったらつまらないといわれ、個性的を狙ったつもりが、たくさん売れてしまって没個性といわれ、内容的にもレベルが高くなっても、それが普通になったのでまだまだだといわれ。とにかく普通にそこにある存在が今の日本車だと思います。こりゃあ日本車ってのは見えない目標に向かってひたすら考えて挑戦し続けなくてはならないようです。

 (時間が経ってみれば、ああ、あの時代のクルマは面白かったな、って言うんじゃないかな。)

 本日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。
 
 ●トミカ赤白箱・・・2種
 ●トミカ青白箱・・・1種
 ●トミカ特殊品・・・6種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカくじ・・・7種
 ●トミカセットばら・・・1種
 ●トミカリミテッド系・・・3種
    
 電気自動車。耳にするエンジン音や排気音、エンジンから来る振動なんかは無くなっちゃうわけですし、今のATやMTもいらなくなっちゃうので運転フィーリングは別物でしょう。電気自動車ばかりになったら、今のイイクルマの評価は博物館行きですな。30km/h以下の接近を知らせる擬似音のチューニングとかスピーカーがイイクルマの評価になってたりして。「重低音がすばらしい」とか「高音域が耳にやさしい」とか笑。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~ 2011.2.17 セットの発売時期判定で悩む
日産スカイラインGT-R(R32、トミカ20-6、頭文字DバトルSP)←日産スカイラインGT-R(R32、トミカ20-6、頭文字DバトルSP)

 画像はトミカ20-6日産スカイラインGT-R(R32)です。コミックトミカVol.4頭文字Dバトルスペシャルセットの1台です。

 悩みました~。1999年の初版品ではないです。2001年に3~4回入荷した再販品です。セットパッケージの耳にH01の打刻があったので恐らく製造は2001年8月のものと思われます。当店には8月以降ですと2001年10月入荷分が該当しました。そう、このセット(仮称G-379cとします)のレビン・ターボ(特レビン)には、キャラトミカ・マッハ号の車輪と同じものが付いています。

 他の車も検証してみたら、明らかにホイール違いのわかるトレノ(初版とは違う10DNタイヤ)、それにR32スカイラインGT-Rのシート色が気になりました。FC3SのRX-7やレビン、トレノのボディ色の違いは、これは微妙ですね。ホワイトとアイボリ白はわかるんですが、アイボリ白の濃淡は比較対照車を何台も並べないとなんともいえません。

 で、本日1番気になったのはGT-Rのシート色です。ミニカーマガジンに掲載中のバリエーション・ライブラリーの20-6-163(シート黒、G-594)とテールランプ橙のタンポ位置などはほぼ同じです。G-379cのR32はシート色が黒にかなり近いグレーなんですね。そんなのどこにも掲載がない・・・ということで、ココに記録しておきます。過去にG-379bとしてお客様に1台販売しておりますが、それも特レビンの入ったセット箱H01のものでしたので今回判定のクルマと同じ仕様のものです。

 本日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。
 
 ●トミカ赤白箱・・・2種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカ特殊品・・・5種
 ●トミカセットばら・・・11種
 ●トミカリミテッド系・・・1種
 ●エブロ・・・1種
 ●京商・・・1種
    
 目を凝らしていたら、肩こりました。ふぅ。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~ 2011.2.13 トミカ・トヨタスープラの窓色
トヨタ・スープラ(JZA80、トミカ33-6-27)←トヨタ・スープラ(JZA80、トミカ33-6-27)

 画像はトミカ33-6トヨタ・スープラです。窓の色に僅かな黄色が入っています。プリメーラやその他のクルマにもこういうちょっと変わったのがあり、ひょっこりと出てくるのがバリエーションを追う上での楽しみでもあります。

 トミカのこの銀色スープラの色について、森山さんの資料には細かく出ていませんが、どう見ても色合いやメタリックの粒子の大小、つやのある無しなどバリエーションが多く存在すると私は見ています。銀色末期には型の摩滅がひどく、フェンダーとボンネットの境目にあるモールド部分は線が崩れ、リヤピラーとリアフェンダーの辺りにある型合わせ目にも段差や荒れがあったりとなっています。バリを削るためのヤスリをあてた痕なども見えるものがあります。このあと変更の赤色では塗膜をさらに厚くして、これらのアラをある程度隠しています。

 本日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。
 
 ●トミカ赤白箱・・・8種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカ特殊品・・・4種
 ●トミカリミテッド系・・・8種
    
 都内で2月11~12日にかけて降った雪。一時は屋根などを白くしていたのですが積もらず、すぐに解けてしまいました。子供用ソリは出番がありませんでした。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~ 2011.2.11 カーシェアリングをついに利用!
トヨタ・ヴィッツ(トミカ110-3、イベント非売品)←トヨタ・ヴィッツ(トミカ110-3、イベント非売品)

 画像はトミカ110-3トヨタ・ヴィッツで、イベント配布用の非売品です。しかしメッキモノは擦れ易いですなあ。かつての日本製時代のメッキは真空蒸着だったので、手で擦ると簡単に擦り傷になってしまいます。中国製はメッキ層にジャブンと浸ける金属メッキで厚さが違うため、かなり耐久性があります。といっても擦れからは逃れられません。

 前回の続き、カーシェアリングの件。翌日改めて別の場所の予約をして、昼過ぎにバッテリー上がりのクルマの状況を確認すると、おお!ちゃんとメンテしてくれたようで○になっていました。即予約変更で本当の仕切りなおしに。予約時間に駐車場に行き、クルマのキーをまわしてエンジンスタート!今度は一発で始動できました。まだ2000kmしか走っていないピカピカのデミオでしゅっぱーつ!無事用事が済みました。便利だ、うむ。

 本日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。
 
 ●トミカ赤白箱・・・1種
 ●トミカ特殊品・・・7種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカくじ・・・2種
 ●トミカセットばら・・・1種
 ●トミカアクセサリ・・・1種
 ●トミカリミテッド系・・・1種
 ●シーエムズ1/64ミニカー・・・8種
    
 昔乗ってたファミリアFF初代(CMは北大路欣也+カシオペアの音楽)とFF2代目(フルタイム4WD登場のモデル)と比べると(古すぎですね、比較対照が・・・汗)、デミオは良くできていて雲泥の差ですね。ちょっと乗り味が固いかな。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~ 2011.2.9 カーシェアリングを利用しようとしたら・・・
古河ホイールローダーFL140(トミカ63-1、日本製最終)←古河ホイールローダーFL140(トミカ63-1、日本製最終)

 画像はトミカ63-1-12古河ホイールローダーFL140で、日本製では最後のモデルです。このあと同じ仕様で中国製に切り替わっています。

 初めてカーシェアリングのクルマを利用しようとしました・・・が。予約して駐車場に行き、クルマのキーをまわしてエンジンスタート!といくところが、セルが回らない・・・。センターに連絡を取るとバッテリーの電圧不足で使用不可とのことでした。他の駐車場へ行くのもなんだし、すっかり気落ちしたのでこの日は使用をやめて、ピカピカのデミオを後にしました。なで肩をがっくりさせてトボトボと帰宅したのは言うまでもありません。

 ちゃんとメンテナンスしてくれ~!!たのむよ~。

しかし、遠隔で車の状態がわかるなんてすごいなぁ。あたしゃあまだまだアナログ者で感心しておりやす。

 本日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。
 
 ●トミカ赤白箱・・・2種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカ特殊品・・・8種
 ●トミカくじ・・・2種
 ●トミカセットばら・・・1種
 ●トミカリミテッド系・・・3種
 ●京商1/43・・・2種
 ●コナミ1/64ミニカー・・・2種
    
 いやいや、何に出くわすか判らないですのぉ。余裕を持って行動せねば。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

本日の追加品は~ 2011.2.5 トミカのシートの色で悩む
三菱ランサー・ターボ(A176A、トミカ38-4、輸出仕様車)←三菱ランサー・ターボ(A176A、トミカ38-4、輸出仕様車)

 画像はトミカ38-4-8三菱ランサー・ターボ(A176A)です。ヨーロッパ仕様車のランサー2000GSRターボをモデル化しています。ということで左ハンドルなんですね~。

 本日追加したこのランサーのほかに、パジェロのシートは朱赤です。このシート色がクセモノです。朱赤でもオレンジ色っぽいモノが存在します。今回販売のはどちらも朱赤の濃いタイプです。朱赤の薄いタイプはオレンジ色がやや強いです。森山さんのバリエーションには掲載がありません(結構掲載されていないバリエーションがあります)。じ~っと見ていると、目がチカチカしてきます(笑)

 本日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。
 
 ●トミカ赤白箱・・・13種
 ●トミカ青白箱・・・2種
 ●トミカ黒黄箱・・・5種(画像はこのうちの1台)
    
 是非是非、お持ちのトミカ、ミニカーを並べて眺めてみてくださいね。時の経つのを忘れてしまう・・・。

※このブログの商品はすでに取り扱いを終了している場合がございます。
最新情報は「絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイト」にてご確認ください。
           
絶版品ミニカーMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!