モノレブ ミニカー サイトの裏口
トミカ チョロQ ダイヤペット など ミニカー がいっぱい!モノレブ
プロフィール

モノレブ

Author:モノレブ
絶版ミニカーを中心に通信販売しております、モノレブです。


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


最近の記事


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


モノレブのブログQRコード

QR


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


本日の追加品は~ 2017.3.18 国産スーパーカーを目指した童夢-零
童夢-零 (トミカ46-2、通常品最終モデル)
↑童夢-零 (トミカ46-2、通常品最終モデル)

 画像はトミカ 46-2-10 童夢-零で通常販売品最終モデルです。実車は1978年にプロトタイプ、1979年に量産型のP-2が作られました。エンジンは日産のL28を搭載、ミッドシップカーとしてプロトタイプがジュネーブショーで発表されました。トミカはこのプロトタイプをモデル化したものです。

 日本での型式認証を取得を目指すも門前払いにあい、米国法人を設立してP-2を製作。このP-2は北米基準なので衝撃吸収タイプの大型バンパーの採用や(高さ基準があるため、取り付け位置が高くなった)、ヘッドランプ位置の変更(高さ規制もクリアしなくてはならないため)、それに合わせてリトラクタブルランプおよびアウターパネルの変更、結果として少し大きくなったボディなど、似てはいるものの大幅な変更をしています。2台製作されたP-2にはライトグリーン(1号車)とレッド(2号車)があり、これはトミカにもそういうカラーのものがでていますね。

 残念ながら実車は販売されなかったものの、初登場がスーパーカーブーム(末期頃)で、しかも国産のスーパーカーということでミニカーやラジコンなどたくさん製品化されました。おもちゃの世界では超有名なクルマです。もし実車が販売されていたら、しかも北米生産車もしくは北米でも販売されていたら、バック トゥー ザ フューチャーのデロリアンの代わりになっていたかも~!

 2017年3月18日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。

 ●トミカ赤白箱・・・4種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカモーターショー系・・・1種
 ●チョロQ・・・3種
 ●ホットウィール(キャラウィール)・・・2種

 ※ブログ掲載商品は売切れている場合がございます。詳細は絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトにてご確認ください。
 
 絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://monorev.blog32.fc2.com/tb.php/1153-e15db1f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)