モノレブ ミニカー サイトの裏口
トミカ チョロQ ダイヤペット など ミニカー がいっぱい!モノレブ
プロフィール

モノレブ

Author:モノレブ
絶版ミニカーを中心に通信販売しております、モノレブです。


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


最近の記事


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


モノレブのブログQRコード

QR


リンク

このブログをリンクに追加する


ブログ内検索


RSSフィード


本日の追加品は~ 2017.9.4 ランドクルーザー70系誕生30周年記念 1/30サイズミニカー
トヨタ ランドクルーザー 70 バン (GRJ76K トヨタ配布品)

↑トヨタ ランドクルーザー 70 バン (GRJ76K、トヨタ特注配布品)

 画像はトヨタ ランドクルーザー 70 バン (GRJ76K)で、2014年トヨタ特注配布品です。1/30スケールのボディはダイキャスト製で、この質感と重さがうれしいす。箱にカラー番号が入っているので、このミニカーは色見本も兼ねています。

 1984年登場の70シリーズは日本国内では2004年に販売終了していましたが海外向けは続けて作られており、2007年マイナーチェンジで今風のフロントフェイスに変更されました。70系誕生30周年記念として2014年8月25日~2015年6月30日までの期間限定販売で復活しました。

 2017年9月4日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。

 ●トミカ赤白箱・・・2種
 ●トミカ青白箱・・・1種
 ●トミカリミテッド系・・・3種
 ●ダイヤペット・・・1種
 ●エブロ系ミニカー・・・1種
 ●アシェット1/43、デルプラド1/43ミニカー・・・1種
 ●1/30以上の大型、ブリキ等・・・1種(画像のクルマです)

 ※ブログ掲載商品は売切れている場合がございます。詳細は絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトにてご確認ください。
 
 絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日の追加品は~ 2017.8.26 短命に終わった赤外線トミカ トヨタ イプサム
トヨタ イプサム (SXM10G、トミカ50-5-7 G-344)
↑トヨタ イプサム (SXM10G、トミカ50-5-7 G-344)

 画像はトミカ50-5-7 トヨタ イプサム (SXM10G)で1988年7月発売のトミカタウン デニーズG-344に付属のトミカです。赤外線を発するトミカがお店に近づくと、お店の室内照明や看板が点灯するというエレクトリックな仕掛けのセットです。しかしトミカ1台付属で税別2980円というのは高価と思われたのかあまり売れなかったようです。ということでR33スカイライン赤の付属する「すかいらーく(G-343)」とともに、トミカつきのセットはわずか2年で販売を終え、赤外線システムを省略した店舗のみが販売されるようになりました。

 ミニカーのほうはフロントのサスは効かないようにしてあり、スイッチを兼ねている後輪は車体上から押さえつけてぐっと沈ませることでスイッチON、赤外線を発信します。電池も交換できるように、裏板のふたはねじ止めになっています。なお今回3台集まったので比べてみたところ、それぞれ細部が微妙に違っていたので3タイプに分けての掲載としました。生産期間が短いにもかかわらず、何ロットかに分けて作られたものと推察されます。
 
 2017年8月26日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。

 ●トミカ赤白箱・・・1種
 ●トミカセットばら・・・4種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカリミテッド系・・・1種
 ●ダイヤペット・・・2種
 ●京商系1/43ミニカー・・・1種
 ●日本車1/43ミニカー・・・1種

 ※ブログ掲載商品は売切れている場合がございます。詳細は絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトにてご確認ください。
 
 絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

本日の追加品は~ 2017.8.24 トヨタ 2000GTSEV 千葉トヨペット配布品
トヨタ 2000GTSEV 千葉トヨペット配布品
↑トヨタ 2000GTSEV 千葉トヨペット配布品

 画像は千葉トヨペット特注トミカ トヨタ 2000GTSEVです。2012年1月の東京オートサロンで公開されたEV仕様のトヨタ2000GTをモデル化しています。このベース車両が千葉トヨペット所有のクルマということで、イオン販売品(2014年1月発売)のあとに配布用に同じカラーで製作されました(2014年7月製造品)。

 イオントミカと比べてみると、前後のプラパーツ(グリルやテールランプ)の仕上げが異なり、ボディ形状や裏板文字刻印など細部が違うので新金型での製作となっています。トミカリミテッド(ラピタ誌の付録品が最初)で金型を新調したトヨタ2000GTが、現在ではたくさん特注品として登場しています。新金型に切り替わっても不思議ではありません。
 
 2017年8月24日のモノレブ2011サイト、追加・補充品は以下の通りです。

 ●トミカ赤白箱・・・2種
 ●トミカ特殊品(特注品を含む)・・・2種(画像はこのうちの1台)
 ●トミカリミテッド系・・・2種
 ●京商系1/43ミニカー・・・3種
 ●エムテック1/43ミニカー・・・1種

 ※ブログ掲載商品は売切れている場合がございます。詳細は絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトにてご確認ください。
 
 絶版ミニカーショップMono-Rev(モノレブ)type2011販売サイトへGO!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク